茶室 晩翠亭 / サイトマップ//
遍照院(恵日山後獄寺)
 トップページ > 藤戸天城の事目次 > 恵日山後獄寺 遍照院

恵日山後獄寺 遍照院(へんじょういん)

恵日山後獄寺遍照院 真言宗 御室派 倉敷市藤戸町天城264

児島八十八ヶ所霊場 第四十五番札所 遍照院

天城の片原にあって恵日山後獄寺遍照院といい、薬師如来を本尊とする。別名を瑠璃山薬師寺とも云う。山門を入ると正面に本堂があり、左に成田不動堂、観音堂があり、右に客殿と庫裡がある。鳥羽天皇の永久年間(約840年前)の創建と伝えられているが誰の開基になるか詳でない。後二十年を経て、天承元年に堂宇が完成したと云う。その後凡五百余年を経て、寛永十六年池田出羽由成が下津井城を引き払い天城に移ってから、当時薬師如来を尊信し、広田神社を祈祷所と定めたとき、当寺をその別当寺に充てたのである。その後まもなく承応三年火災にあい、寛文二年僧長雄が由成庇護のもとに再興にあたり、完成したのが現在の建物である。本堂は三間四方で檜、栗、栂などを交え用い、その構造形式からみて江戸初期のものと考えられる。 (藤戸町誌より)

恵日山後獄寺遍照院全景

遍照院 山門
恵日山後獄寺遍照院全景 遍照院山門

遍照院 山門をくぐって正面が本堂

お大師参り風景平成26年 旧8月21日撮影
山門をくぐって正面が本堂 お参り風景 旧8月21日撮影

遍照院 本堂全景

本堂 扁額
遍照院本堂全景 本堂 扁額

遍照院 三間四方の入母屋本瓦葺

遍照院 三間四方の入母屋本瓦葺
山門をくぐって右手、三間四方の入母屋本瓦葺であるが、栗、檜、栂、等を使った江戸初期の様式を残す建物

遍照院山門脇 石標

遍照院 古木
遍照院山門脇 石標 樹齢何百年?楠木

遍照院 成田山不動明王

遍照院 石造塔婆 弘法大師供養塔
山門をくぐって左手にある成田山不動明王 石造塔婆 弘法大師供養塔

 ▲このページの先頭へ               トップページへ / 藤戸天城の事目次へ
画像の無断転載禁止
Copyright(c)2004 chashitu bansuitei All rights reserved