茶室 晩翠亭 / サイトマップ/
堤防 五目釣り目次

堤防の夜釣りで五目釣り「ウキ止糸、リール、道糸、針の結び方」

  トップページ > 堤防の夜釣りで五目釣り目次 > 堤防の夜釣りで五目釣り 「ウキ止糸、リール、道糸、針の結び方」


ウキ止糸の結び方

ウキ止糸の結び方図
ウキ止糸の結び方
ウキ止糸は1度に強く締めすぎないように、徐々に締めてください。
一度に強く締めるとラインが潰れる恐れがあります。
強く締めすぎるとウキ止糸の移動でラインにキズがはいります、気を付けてください。
ラインがある程度水を吸って膨らんだ状態でウキ止め糸を締めてください。
水を含むと縮む性質の糸を使ったウキ止め糸もあります。
ウキ止め糸を5〜10p間をあけて2個つければより良く止まります。
余り糸をカットする場合は1p位残すように、緩んだ時の締め直しが可能です。
どうしても、緩む場合には、瞬間接着剤をごく少量使用してください、瞬間接着剤を使用した場合は、瞬間接着剤が固まらないうちに一度ウキ止糸を動かすようにしてください、瞬間接着剤で止めた、ウキ止糸の場合は両端が残らないよう綺麗にカットしてください、そうでないと、固まった端がガイドに掛り、稀に穂先を折ることもあります。
小生はSのウキ止糸を瞬間接着剤で止めて使用しています。

5〜6回の使用でウキ止糸を交換します(根掛りでラインを引っ張るとラインは伸びウキ止糸が緩くなる)。
以上、皆様好い釣りをお楽しみください。
ウキ止糸の結び方図1 ウキ止糸の結び方図7 ウキ止糸の結び方図5
糸スプール巻タイプ 安上がり、仕掛けをばらさずウキ止糸のみを交換できる。
糸出来上がりタイプ ウキ止糸の結び方図Cの状態で販売されているタイプ、SS等の細い糸を使用した場合、締め方が悪いとダンゴになり失敗することもあります。
ゴムタイプ こちらが一番簡単、左の出来上がりウキ止糸同様、釣り途中でゴムを替える場合には仕掛けを一度ばらす必要があります。


リールと道糸の結び方(ユニノット)
スプールに道糸を1〜2回巻く。 回してきた道糸を折り返し、輪を作る。
@スプールに道糸を1〜2回巻く。 A回してきた道糸を折り返し、輪を作る。
出来た輪の中に3〜4回道糸を通す。 締め込んで、余分な道糸をカットして出来上がり
B出来た輪の中に3〜4回道糸を通す。 C締め込んで、余分な道糸をカットして
出来上がり。

針の結び方


漁師結び 逆外掛けマクラ結び
サルカンとハリスと道糸の結び方
ダブルクラッチノット 人天結び リーダーノット

 ▲このページの先頭へ          トップページ / 堤防夜釣りで五目釣り目次へ


Copyright(c)2004 chashitu bansuitei All rights reserved