茶室 晩翠亭 / サイトマップ//

倉敷の窯 天神窯 (故)岡本欣三

 トップページ >倉敷の窯目次 >倉敷の窯「 岡本欣三」

天神窯・岡本欣三
釉薬の研究を行い『青磁に就て考察』などの論文を発表する、京都五條坂に窯を持ち創作活動に入る、1951年、倉敷にもどり、天神窯を築窯。1961年、ボーンチャイナ(骨灰磁器)の試作に成功、後に水明磁と名付ける。1967年、中国・宋時代の釉薬で意図的に作るのは不可能とされていた玳玻盞天目を完成させる。このほかにも1974年に発表された藤紫色の高温釉薬・紫欣釉や桃寿光など、試験所時代の研究をもとに新しい釉薬を次々と開発した。

天神窯  (故)岡本欣三 紫欣釉茶碗

天神窯  (故)岡本欣三 紫欣釉茶碗
天神窯  (故)岡本欣三 紫欣釉茶碗 天神窯  (故)岡本欣三 紫欣釉茶碗
 ▲このページの一番上へ               トップページへ / 倉敷の窯目次へ

  茶室晩翠亭はYAHOO!JAPANカテゴリに登録されています。
Copyright(c)2004 chashitu bansuitei All rights reserved