茶室 晩翠亭 / サイトマップ/
堤防 半夜で五目釣り 対象魚:

堤防の夜釣りで五目釣り 対象魚

  トップページ > 堤防の夜釣りで五目釣り目次 > 堤防の夜釣りで五目釣り 対象魚


鯛 鯛(たい、タイ「横綱」
広義にはスズキ目スズキ亜目タイ科の総称、狭義にはタイ科のマダイ Pagrus major を指す。タイ科にはほかに、クロダイキダイチダイ、ヒレコダイ、タイワンダイ、アカレンコなどが含まれる。
 チヌ(クロダイ) チヌ(黒鯛)「横綱」
日本・台湾・中国などの沿岸部に分布し日本では北海道以南から沖縄近海まで広範囲に生息しています、水深は約50m迄の岩礁域に生息するが、冬期には深所に移動する、筏・磯釣り等遊魚の対象魚としても人気があり。産卵期は46月。雑食性の魚で主に甲殻類、貝類、多毛類等を捕食する魚です。
アコウ アコウ「大関
キジハタの別称。関西地方で使われる,、高級魚として扱われる
スズキ スズキ(鱸)(セイゴ>セイ>ハネ>スズキ)「大関」
スズキ目・スズキ亜目・スズキ科に属する魚。海岸近くや河川に生息する大型の肉食魚で、食用や釣りの対象魚として人気がある。成長につれて呼び名が変わる出世魚である。一般的に高級魚と思われがちだが、値段は比較的安い。但し、夏場の活け物は高値が付く。
クロソイ クロソイ「関脇」
体長は50cmを超える大型種で、和名どおり全身が黒い。目と唇の間に3本の棘があるのでキツネメバルと区別できる。日本と朝鮮半島、中国北部の沿岸域に分布し、浅い海の岩礁域に生息する。東日本では高級魚として扱われる。
タチウオ タチウオ・太刀魚「関脇」
スズキ目サバ亜目タチウオ科に属する魚類。別名にタチノウオ、タチ、ハクナギ、ハクウオ、サワベル、シラガなどがある。種々の調理法で食用にする。また娯楽としての釣りの対象ともなる、回遊魚、たまにスレで釣れる
めばる メバル眼張、めばる)「小結」
条鰭綱- カサゴ目- フサカサゴ科
日本語では春告げ魚(はるつげうお)との雅称でも呼ばれる。日本では美味で人気の食用魚である。
アイナメ アイナメ「小結」
全長30cm-40cmほどだが、60cmを超えるものもいる。カサゴメバルカジカなどと同じカサゴ目に分類されるが、アイナメはひれの棘条(とげ)が発達しないこと、背びれが1つに繋がっていること、体高が高いこと、が細かいことなどが特徴である。
カサゴ カサゴ「前頭」
カサゴ目フサカサゴ科に属する魚類。全長30 cm。日本近海を含む太平洋西部の暖海域に分布し、沿岸の岩礁や海中林などに生息する。食用魚としてさまざまな料理に用いられる。
他にも、「平幕」アナゴ、ウミタナゴ、ガザミ、コウイカ、サヨリ、ニベ、グチ、アジ、ヒラなど。

▲このページの先頭へ          トップページへ / 堤防夜釣りで五目釣り目次へ


Copyright(c)2004 chashitu bansuitei All rights reserved