茶室 晩翠亭 / サイトマップ//
堤防 半夜で五目釣り「虫エサ」

堤防の夜釣りで五目釣り 虫エサ

 トップページ > 堤防の夜釣りで五目釣り目次 > 堤防の夜釣りで五目釣り 虫エサ


夜釣りでの虫エサは アオイソメ・イシゴカイ・岩虫・本虫・袋虫


夜釣りなどでは光る、匂う、動く、体の特徴を生かしてウキ釣りなどに使用。

アオイソメ(青虫) イシゴカイ(砂虫) 本虫・岩イソメ 袋虫  などの特徴

アオイソメ(青虫) イシゴカイ(砂虫)
どこのエサ屋でも取り扱いしていて入手しやすく値段も安い。アオイソメ(青虫)とイシゴカイ(砂虫)、同じく活発に動くことで魚にアピールする。値段も安く、同じ金額ならイシゴカイよりも多く買えるが、イシゴカイより太めで数では変わらないかもしれない。イシゴカイより元気で対象魚も広く、食いと価格のバランスを考えれば波止釣りの万能エサ。

本虫・岩イソメ(岩虫)
赤茶色の大型の虫。ウキ釣りで釣れる魚のほとんどが釣れ、イシゴカイやアオイソメを使うより釣れる魚サイズも大きい。柔らかくちぎれにくく、遠投やエサ取りにも強い。マムシは動きで誘うのではなく“ニオイで誘う”と言われ、また、同じマムシでも地堀のマムシを“地マムシ”として扱っている。夜はその動きとあわせて体の赤色が光り、チヌの夜釣りにも格好のエサだろう、本虫、岩イソメを切るときは、手でちぎらないで必ずハサミで切りましょう。

袋虫
体を光らせることでアピールする夜釣りの定番のエサ。光ることだけではなく、独特の匂いで魚を誘う。夜釣りのクロダイ狙いの特効エサ?一般的に波止釣りで使用されているのは、イシゴカイ、アオイソメ、マムシ、チロリだろう。イソメやゴカイなどの虫エサは口(頭部側)の部分からハリに沿って通す。まずは1匹の長さを見て十分に長ければ半分に切って尻尾側と頭側とで2回に分けて使っても大丈夫だ。食いが悪い時は、頭の固い部分を取って使う。
夜釣りで五目釣りに使う上記以外のエサ〜シラサエビ・オキアミ・カニ・生ミック・ボケ・フナ虫など

上記のようにエサにも沢山の種類があります、私は一年を通じて「青虫大」で釣ります

青虫(青イソメ)を使い続ける理由
安い、光る、いつまでもよく動きエサ持ちもよい、ほとんどの魚が釣れる、針に付け易い、手が汚れない。
エサによりアタリの出方に特徴があります、使い続けることによりその特徴を把握でき空振りやバラシを
少なく出来ます。

 ▲このページの先頭へ          トップページへ / 堤防夜釣りで五目釣り目次へ


Copyright(c)2004 chashitu bansuitei All rights reserved